第3回縁劇フェス ~ 大阪初!? 笑いがテーマの演劇フェス!

縁劇フェス 

新着情報 ⇒ タイムテーブル・上演作品などを発表しました!

大阪初!? 笑いがテーマの演劇フェス!
第3回縁劇フェスを6月に開催!!

― 笑いの都・大阪に笑いがテーマの演劇フェスがないのはなんでだ!?―

SDN2018オープニングアクトとして開催され、大好評だった「第2回縁劇フェス」。
昨年は、「笑い」をテーマに、最若手世代と言える「のぞみちゃん」から、関西小劇場界では最ベテランとも言える田口哲による「芝居屋さんプロデュース」まで、幅広い世代をラインナップし、6つの短編演劇作品を上演しました。

第3回も「笑い」をテーマに6月開催決定!

第3回となる今回も、昨年と引き続き「笑い」をテーマに、ショートプレイのショーケース型フェスイベントとして開催します。今回は、なんと出演団体数を8団体に増やし、開催期間を長くして、よりパワーアップして、“いろんな笑い”をお届けします。

どうぞ、笑いの聖地・大阪で“いろんな笑い”を一日で一挙に楽しめる、演劇による笑いのお祭りにぜひご参加ください!

出演団体

  • オパンポン創造社
  • カヨコの大発明
  • 河田全休
  • 三等フランソワーズ
  • 洒落乙企画。
  • 中野劇団
  • ババロワーズ・ラボラトリィ
  • THE GO AND MO’S

日程・タイムテーブル

日程:2019年6月6日(木)~9日(金) 全6ブロック 

6月6日(木)19:00~<Aブロック>

  • オパンポン創造社
  • 河田全休
  • 中野劇団
  • ババロワーズ・ラボラトリィ

6月7日(金)19:00~<Bブロック>

  • 三等フランソワーズ
  • 洒落乙企画。
  • カヨコの大発明
  • THE GO AND MO’S

6月8日(土)13:00~<Cブロック>

  • 河田全休
  • オパンポン創造社
  • THE GO AND MO’S
  • カヨコの大発明

6月8日(土)16:00~<Dブロック>

  • 中野劇団
  • 洒落乙企画。
  • ババロワーズ・ラボラトリィ
  • 三等フランソワーズ

※SDN2019参加団体「ハコボレ」による創作落語をDブロックの開演前に上演いたします。合わせてお楽しみください。
ハコボレ『蝦墓の油売りと蝦蟇の古本売りのすゝめ』

 作・演出・出演:前田隆成

6月8日(土)18:30~ 

新春大喜利会 in 縁劇フェス ※入場無料・投げ銭歓迎!

関西小演劇界の大喜利好きによる正月恒例大喜利バトルロイヤル「新春大喜利会」が縁劇フェスに出張します!

出演=ひらたい 室屋和美(劇作ユニット野菜派) 二朗松田(カヨコの大発明) 泉寛介(baghdad cafe’)他 / 有元はるか(カヨコの大発明)


6月9日(日)11:00~<Eブロック>

  • 洒落乙企画。
  • 河田全休
  • カヨコの大発明
  • 中野劇団

6月9日(日)13:30~<Fブロック>

  • ババロワーズ・ラボラトリィ
  • THE GO AND MO’S
  • 三等フランソワーズ
  • オパンポン創造社

6月9日(日)16:00~

SDN2018クロージングトーク ※入場無料

年間開催に移行した第3期應典院舞台芸術祭”SDN”の1年を参加団体が一堂に会して振り返ります。各種表彰の発表も行います。

チケット

1ブロック券

前売2,500円/当日2,800円/應典院寺町倶楽部会員2,000円

1日通し券・木金通し券 

前売3,200円/当日3,500円/應典院寺町倶楽部2,700円

※1ブロック券は指定のブロック(4作品)、1日通し券・木金(A・B)通し券は全8作品をご覧いただけます。
※日時指定自由席
※受付・開場は30分前。D・F・大喜利会については準備でき次第、開場になります。
※ご観劇の際にご不安なことや特別な配慮などご希望がありましたらお気軽にご連絡ください。

ご予約

チケット予約開始:4月6日10:00

会場

浄土宗應典院 本堂(https://www.outenin.com/outenin/access/
543-0076 大阪市天王寺区下寺町1-1-27

アクセス
OsakaMetro堺筋線「日本橋駅」/近鉄線「日本橋駅」8番出口より東へ徒歩7分
OsakaMetro谷町線「谷町九丁目駅」3番出口より西へ徒歩8分
近鉄線「近鉄上本町駅」3番出口より西へ徒歩13分

予約・お問い合わせ

應典院寺町倶楽部 縁劇フェスキュレーション委員会

予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/enfes2019
Mail:enfes.outein@gmail.com
TEL:090-9696-4946(前田) ※10:00~19:00

上演作品

オパンポン創造社『サンセット』

オパンポン創造社

作・演出:野村有志
出演:川添公二(テノヒラサイズ) 飯嶋松之助(KING&HEAVY ) 野村有志

笑いをテーマに行われる祭典が今年も。
昨年に引き続き参加させて頂きます。
今年は、ボタンにまつわる3人の男の悲喜劇をお送りする予定です。是非ご覧ください!

プロフィール:2004年8月、野村有志による一人演劇ユニット・オパンポン創造社を旗揚げ。
全作品の脚本・演出を野村が務め、ペーソスと笑いを融合させ泥臭い人間模様を描くのを得意とし、独自のテンポと間を駆使した台詞で魅せる作品が支持されている。昨年、CoRich舞台芸術まつり!2018春グランプリ獲得

カヨコの大発明『チワワ・スタンプ・インシュランス』

カヨコの大発明

作・演出:二朗松田(カヨコの大発明)
出演:鈴木太海/有元はるか(カヨコの大発明)

同棲が始まって4年。
決して裕福ではないが幸せで慎ましやかな生活を営む在宅イラストレーター陽一とOL有希。
しかし、長く一緒に暮らせばお互い色々と不満も出てくるものです。ですよね?
カヨコの大発明が贈るラブとは何かを考える珠玉のラブコメディドラマ。

プロフィール:有元はるか(役者)と二朗松田(脚本・演出)からなる演劇ユニット。
構成員二名というフットワークの軽さを活かし、数々の演劇イベントに参加。
長らく短編作品しか作ってこなかったが、昨年10月ようやく旗揚げ公演を果たす。
主にコメディ。

河田全休『サラリーマン狂言』

河田全休

作・演出・出演:河田全休

スーツを来た太郎冠者?!日本最古の喜劇「狂言」を代表する人物である太郎冠者が、現代のサラリーマンとなって登場。宮仕えの理不尽さに耐え忍び、また時に笑い飛ばす。現代と古典の交錯する新感覚コメディ!

プロフィール:京都大学狂言会出身。伝統的な狂言の修練に励む一方、様々な分野の芸能とのコラボにも取り組んでいる。また「サラリーマン狂言」や「婚活狂言」の創作など、狂言の笑いを現代に広げる活動にも力を入れている。

三等フランソワーズ『100年後』

三等フランソワーズ

作・演出:中川浩六
出演:本多真理/木山梨菜/中川浩六/山下春輝(ギヴ・ザ・ブロン)/澤井里衣(舞夢プロ/EVKK)

部屋から一枚の赤い下着が出てきたことから、夫の不倫を疑う妻。
しかし、夫はそれを認めず、下着の理由も語らない。
帰省する息子とその恋人。そして鍵を握る一人の女。
真っ赤な真実と、その先に誓う百年の嘘の物語。

プロフィール:基本的にはおしゃべりコメディーをやっている人たちである。
たまに毛色の違うことをやってみたくなるのである。
今年1月に行われた30GPにて、三度目の正直で優勝。やったね。
12月に二年ぶりの本公演を予定している。

洒落乙企画。『乙女になったヤンキー君』

洒落乙企画。

作 演出:ぶった斬れのベティ
出演:ぶった斬れのベティ/他

ある所にレズビアンを馬鹿にしたヤンキーカップルがいました。そのヤンキーカップルはおレズに呪われヤンキー男は日々乙女化していきました…。果たしてヤンキーカップルは元の悪羅悪羅に戻れるのでしょうか…

プロフィール:楽しいことを共有するという名目の企画。
基本的にアウトサイダー気味ではあるが真面目なことを取り扱ったりもする。
変な人達の集まり。

中野劇団『結婚の報告』

中野劇団

作・演出:中野守
出演:三条上ル/桐山泰典/延命聡子(以上、中野劇団)
   土肥嬌也

とあるお洒落なバー。常連客の男二人が偶然その日、結婚の報告をこれからするという、会話のみで魅せるコメディです。

プロフィール:2003年に中野守を中心に旗揚。緻密に張り巡らされた笑いの伏線を、波状的な笑いに昇華させ回収していくシチュエーションコメディを得意とする。火曜日のゲキジョウ第4回30GP準優勝。

ババロワーズ・ラボラトリィ『2019年のピンボール』

ババロワーズ・ラボラトリィ

脚本・演出:高瀬和彦
出演者:向田倫子/宮脇玲香/さかいしんご/尾形柚香(かまとと小町)

村上春樹の小説に「1973年のピンボール」という小説がありますが、全く関係ありませんし、インスパイアもされてません。
村上春樹が絶対に書かないであろう類の下世話で泥まみれで情けないスラップスティック・コメディをこれから書いて稽古してご披露して差し上げます!

プロフィール:1998年より活動開始の劇団「ババロワーズ」から派生した実験ユニット。
コメディとコメディでないものの境界線を探るべく、不定期でゆるやかにしなやかにおごそかに活動中。

THE GO AND MO’S『黒川の祭』

THE GO AND MO’S

脚本・演出・出演 :黒川猛

漫談、コント、体操で送る、THE GO AND MO’S
珠玉のオムニバス作品集。直球、変化球、隠し玉、魔球、ありとあらゆる手法で、一緒に笑う30分を目指します。

プロフィール:黒川猛による「笑い」を創り出す企画ユニット。2012年1月より本格的に活動開始。京都を中心に大阪・東京・福岡・三重で公演。即日完売、当日爆笑、翌日反省を目標に、ただひたすら「笑い」の模索を繰り返す。

クレジット

スタッフ:舞台監督=hige(BS-Ⅱ)/照明=高木里桜/音響=林実菜/制作=前田瑠佳(エイチエムピー・シアターカンパニー)
主催=應典院寺町倶楽部
協力=SDN制作委員会 浄土宗應典院 日本写真映像専門学校
企画・製作=縁劇フェスキュレーション委員会