應典院舞台芸術祭SDN2019の募集を開始いたしました!!

SDN2019

應典院舞台芸術祭は、劇場が主催するのではなく、應典院寺町倶楽部という【場につどう】市民団体が主催し、浄土宗應典院という寺院空間の【場】を舞台に、みんなでつくり上げる演劇祭です。年間開催で、ゆったりじっくりとつくり上げていきます。SDN(スペース・ドラマ・ネクスト)体制移行2年目の参加団体および制作委員を募集を2018年11月1日より開始いたします。

寺でひろがる。一年中、演劇祭

應典院舞台芸術祭SDN2019の特長は、劇場が主催するのではなく應典院寺町倶楽部という【場につどう】市民団体が主催し、「みんなでつくる演劇祭」であるところです。

浄土宗應典院という寺院空間を舞台に、知恵と汗と力を出し合い、助け合ったり刺激し合ったりしながらつくります。演劇祭を盛り上げるための企画も、すべて制作委員会で話し合って決め実行することができます。

また、その運営を担う制作委員は上演団体からだけでなく、幅広く募集いたします。ワークショップやトークイベント、展示など関連企画を企画し実行したい方や、演劇祭の運営に携わりたい方にはどなたでもご参加いただけます。

2018年11月1日 参加団体募集開始!

應典院舞台芸術祭SDN2019の開催期間は2019年6月~2020年3月の年間開催。上演希望日程の6ヶ月前までにお申込みいただければ、随時、お申し込みを受け付けます。毎月月末が申込〆切。選考後、翌月の25日までに結果をご連絡いたします。詳細は募集要項をご確認ください。

SDN2019参加団体・制作委員の募集要項はコチラ

SDN2019