SDN稽古場探訪No.7 冗談だからね。

稽古場探訪
SDN2018稽古場探訪

【重要なお知らせ】この度、諸般の事情によりSDN2018参加公演「冗談だからね。」の演目が変更となりました。それに伴いまして、入場料も無料カンパ制にて、振替公演として『冗談だからね。の本当にマジでごめんな祭。』として、過去短編作品を上演します。

上演を予定しておりました『青春の延長戦/気だからね。』を楽しみにしてくださっていたお客さまには申し訳ございません。何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

振替公演の詳細


皆さま。ごきげんよう。
自分の劇団の本番を終え、ホッとしております。Micro To Macroの石井テル子です。
が、ホッとするのも束の間。SDN2018は、まだまだどんどん続きますよ!

ということで、今日は、参加劇団7劇団目
冗談だからね。さんの稽古場を訪問してきましたので、そのリポートをします!!

先に言うておきますが「冗談だからね。」さんは
冗談抜きに本気で全員「若者!!」です。
主宰の安保くんが3月までまだ高校生だったんで
今まだ19歳くらい??かな。驚愕の若さですね。

もう稽古場に見学に行くと言うより、おかんが息子の様子見てくるわ!
くらいの勢いでお邪魔しました。

今日は演目「病気だからね。」の方のお稽古!
そう、今回の冗談だからね。さんの作品は2作品あるのです!

青春の延長戦/病気だからね。

実は2作品とも再演だそうです!
安保くん曰く「でももう新作みたいなってますー」
めっさ、分かる・・・。

さて、今日見学した「病気だからね。」のお稽古なんですが・・・
まず、改訂した台本を読あ合わせてみよう・・・と言うところから始まったんですが
読み合わせがもう立ち稽古です!


ほうら!読み合わせなのに立ち上がっている役者がいるでしょ!
・・・そう言うことなのです!!

演出の安保くんは、めちゃくちゃ素早くてストレートな指示を出します。
あ、そこ、そんな切実さ要らない、あ、そこもっと前のセリフに乗って!
あ、わざと緩急とか一切無くして!あ、その台詞もうカット!
全部1回聞いて1秒くらいで判断してる

す、すげえ・・・と、思ったら・・・突然ぶっ飛んだ感覚的な指示

「あ、もっとそこ三田佳子みたいに!」
役者さん「え・・・?」
「ほら、30過ぎた息子が覚醒剤やっても私は知りませんし、みたいな感じで!」
役者さん「え、え・・?」
「つまりは大女優的に!ガハハハ」

「あ、そこは桃井かおりで!」
役者さん「え・・・?」
「えーと、間ちょっと置いて次のセリフはぁって息吐きながらみたいな感じで」
役者さん「いや最初からそう言うてや!」
「ガハハハ」

もう作って行く過程というかその一つ一つの詰め方がめちゃ面白いです。
めちゃ面白いです。2回言うておきます!
そしてその指示がもう1台詞の中にね、2、3個は飛んでくるんだけど
言われて1秒後にすぐその対応をする役者さん・・・

す、すげえ・・
これみんな10代とか20代前半の超若者だぜ?
石井びっくりで、途中から目え点なりました・・。いやホントに!

今日聞いた限りでの演劇部のお話のキーワードは
・ダチョウ倶楽部
・消えモノ申請
・岡本信人と土屋アンナが並んで
・必然性レイプ

などが挙げられます。ね、全く意味わからんでしょ?
でも会話聞いてたらもの凄い面白いんですよ!!

そして、これがもう一個のお話PTA会議室の話と
どうリンクして行くのか。。ですよ。最初の方聞いてるだけで
ほんまにね、ワクワクしました!!!!!!

演劇部の話?PTAのお話? 何の話?と思ったあなた!はい。
病気だからね。
は、「演劇部部室」と「PTAの会議室」の2つのお話が進んで行きます。
そして、皆さん!!はい、大事なこと書きますよ!

2つのお話が交互に進むのではなく、、、
本気でこれ冗談抜きで、全くの同時進行で進んで行くんですよ!

ええ〜!どうなるんだいこれ!!!って思うでしょ。
思いますよね。よし、会場に観にきましょう。
きっと今まで体験したことない演劇体験ができるかも・・・!!
しれませんよ。。

稽古を始める前にそれぞれのキャラクターの深層を確認した後、
「で、役にとらわれ過ぎず、まず情報だけを飛び交わせて!」と言い切る
このまだ20歳にも満たない若者の頭と心から一体何がうまれるんかな
そして周りいるこの魅力的な役者さんたちによってどんな作品として完成するのかな
今日見学させてもらって、ほんまに本番観たい!!って凄い楽しみになりました。

皆さん、11月の1週目、とんでもないモノ観ちまった。。。
ってなるかもしれない「冗談だからね。」の2作品を是非観に行こうではありませんか。

冗談だからね。
11/3(土)〜11/5(月)

青春の延長戦/病気だからね。

わたしを占める半分は青春で出来てる。
そしてもう半分は病気で出来てる。
今を逃さないための。代表作、再演二本立て。

『青春の延長戦』2017年3月初演。ゆるゆると延長を重ねる演劇人の怠惰な生活を、ルーレットで強引に掻きまわした揚げ句。青春の終わりを、それ以上の若さでもって制圧する作品。10代が終わりを遂げた、今回の再演ではラストでいのちに気づきます。
『病気だからね。』2018年3月初演。副校長の問題発言に揺れる高校の、演劇部部室と職員室を、執拗なまでの同時進行で描いた揚げ句。それでも続いていく苦悩を、逃れようのない老体で証明する作品。高校を卒業した、今回の再演ではラストでいのちに気づきます。

2018年
11月3日(土)【青】15:30 【病】19:30
11月4日(日)【青】12:00 【病】15:30 【青】19:30
11月5日(月)【病】12:00 【青】15:30

〇『青春の延長戦』出演

  • 津嘉山珠英(冗談だからね。)
  • 安保泰我(冗談だからね。)
  • あだちせり
  • 井上朱音
  • 坂本美乃莉
  • 高安智美(劇団壱劇屋)
  • 竹市桃花
  • 松井夏樹
  • 水月涼(劇団Compass)
  • 柳雪乃(ようするに1人)
  • 渡邊素弘

〇『病気だからね。』出演

  • 安藤悠馬(冗談だからね。)
  • 八柳まごいち(進劇銃題やぎゅり場)
  • あだちせり
  • 渡邊素弘
  • 桜空カレン
  • 外川遥
  • 市瀬大樹(株式会社プロジェクト・コア)
  • 赤坂咲空
  • 柳雪乃(ようするに1人)
  • 土見容子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

⭐️冗談だからね。

東京の若手劇団。2015年「高校生劇団」として旗揚げ。2018年3月、主宰の高校卒業と共に、晴れて普通の劇団に(学生劇団は飛び級)。若さゆえのどうしても帯びてしまう勢いと、それをあくまでも自嘲気味に捉えた冷徹さで、年配者の追随を許さない、なりふり構わない、慌ただしい、活動を展開。世間は別に舐めてない。